2005年09月20日

インフルエンザウイルスを狙撃する酵素開発!

こんばんは、キャスター俺です。
今日も色んなニュースがありましたが、陰に隠れてこんなニュースもあったんです。


インフルエンザ阻止 ウイルス狙撃 「抗体酵素」開発 県立広島大

 インフルエンザウイルスを狙い撃ちして無力化させる「抗体酵素」を、県立広島大学生命環境学部(広島県庄原市)の宇田泰三教授(生物工学)のグループが十八日までに、人工的に作り出すことに成功した。世界初の成功例という。抗体酵素を使った治療薬の開発をはじめ、エアコンなどを使って空気中のインフルエンザウイルスを撃退することも期待できるという。成果は、十二月に米ホノルル市で開かれるパンパシフィック化学国際会議で発表される。


これね、嬉しいです。
私、今まで5回ほどインフルエンザにかかった常連なので、これは嬉しいですね。

インフルエンザかと思って病院に行くと、ホンモノのインフルエンザの患者にインフルエンザを移されるという、マヌケなこともこれでなくなりそうです。


この教授、エイズの抗体も作っているそうで、すごい人ですね。

じゃ、ネタ行きます。

こんな病院はあやしい。


・変に寒い

・雨漏りがひどい

・とりあえずビールが出てくる

・医者が全員弱々しい

・医者の口の周りにアンコがついている

・点滴がカクテルである

・とりあえず浣腸される

・診察中に違う人の気配がする

・入院のベッドが意味もなくダブルベッドである

・医者がカルテを見て爆笑している

・医者が訛りすぎていて、何を聞かれているのかわからない

・どの病気で行っても薬がおなじである

・どう見ても使い捨てカメラなのに、レントゲンだと言い張る

・すぐボヤを起こす


クイズとベットの知的エンターテインメントサイト ≪eBet≫


メールを読むだけでパチンコ攻略情報が無料で見放題!!



【激安】使い捨てコンタクトレンズはココから!
 
posted by キャスター俺 at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。