2005年04月11日

888億円の経済効果! 萌え文化を追え

はぁい♪こんにちはぁ〜(はあと)萌えキャラのキャスター俺でぇす。

うん、気持ち悪いか。そうか。

あの「萌え」って良く聞きますね。そんな「萌え」文化、すごい経済効果をあげているようです。



「萌え」市場 書籍や映像、ゲームで規模888億円に

 アニメなどの登場人物の性格で、愛らしい「萌(も)え」という感情を意識した書籍や映像、ゲームの市場規模が、03年で888億円に上ることが浜銀総合研究所(横浜市)の調査で分かった。バターやステレオコンポの出荷額と並ぶ規模で、同研究所は「近年大きく膨らんだ市場。無視できないジャンルとして確立している」と分析している。
 「萌え」は芽生えを意味する「萌える」が語源で、読者が特定の登場人物に愛情を覚えることをいう。アニメなどに強いこだわりを持つ「おたく層」から派生した。ストーリーよりも登場人物の容姿や性格の描写が重視されるのが特徴だ。
 浜銀総研は、萌え市場を書籍・映像・ゲームの3分野に分け、書籍は関連するコミックの販売額から273億円、映像は関連アニメビデオソフトの販売額から155億円、ゲームは恋愛シミュレーションゲームの販売額から460億円と推計。おたく層全体のゲームなどの市場規模は約2900億円との推計値もあり、単純比較で3割が「萌え関連」とみられる。
 信濃伸一研究員は「作品を供給する側も、少子化で子供向けのメガヒットが狙えなくなった」と成人向け萌え作品が増える傾向にあると分析する。経済評論家の森永卓郎さんは「可愛らしいという感情を表現した媒体は欧米にはなく、この市場は国際競争力も備えている。市場を支える30代男性には未婚者が増えており、人間とは別のパートナーを求める心理があるのかもしれない」と話している。


そもそも「萌え」とは何かと。なんだろうな、萌えは萌えなんだろうな。
しかし888億ってちょっとフィーバーですな。アニメだけでなくゲームも含め、萌え文化と。バカにできないわな。この経済効果。


ちょっとYahooの新語辞典より引用しますね。

「萌え」はもともとはアニメやゲームなどの美少女キャラクターに対するオタクたちの愛情表現のことばだったが、現在では文化現象となっていると、経済アナリストの森永卓郎が指摘している。「萌え」は、世間と切り離された空間で自己規制した恋愛感情をもつことと解されるようになり、だれも傷つけず、だれからも傷つけられない状況を彼らはつくりだしている。たとえば、メイドカフェでメイドのコスプレをした店員とおしゃべりをしたり、フィギュアとよばれる美少女のキャラクター人形を集めたり、パソコンで恋愛シミュレーションゲームを楽しんだりしているが、それが他人に迷惑をかけるわけではないし、彼らは決して自らの領域からはみ出そうともしない。この「萌え」が一つの文化として認知されるようになってきた。現代美術作家の村上隆が作成するフィギュアのミニチュアは食玩として発売されているが、フィギュアそのものは芸術作品としてクリスティーズのオークションで高値で落札されている。



あのね、会社の人に秋葉原のチラシを見せてもらったら、すごかったよ。大人とも子供ともわからん、女の子の絵。まさにこの「萌え」なんだろうね。まあ、俺は否定はしないよ。15年くらい前は俺もそういったゲームしてたし。

で、萌えって実際の女の子じゃなくて、絵とかフィギュアだけだと思ってたんだけど、ここにあるように、「メイドカフェでメイドのコスプレをした店員」も「萌え」なんだな。実際の人間に対しても、「萌え」るんだね。まだ健康的だ。まあ、小倉優子のモーニングショットのあれでしょ?メイドさんて。

まあ、「萌え」だわ。なるほど。ちょっといかがわしい雰囲気もあるけどね。これMEGUMIとかが着たら、ホントにいかがわしいんだろうけど、小倉優子なら「萌え」だわな。

こういう文化で888億か。世に言う「オタク」だけで888億なんだから、一般人が「萌え」だしたらどうなってしまうんだろうね。日本全国にメイド喫茶が溢れ、そこらじゅうにフィギュアが飾られ、雑誌の表紙はみんな、耳付いた女の子だ。どうするよ…。



考えました。
メイド喫茶のメイドさん、これは萌えない


・酒しか勧めない

・痰が絡んでいる

・喧嘩が強い

・仕事が雑である

・鋭い角が生えている

・ガニ股である

・訛りが抜けない

・すね毛が濃い

・顔が怖い

・眉毛がつながっている

・口の回りに牛乳を飲んだ跡がある

・市原悦子


そんなキャスター俺に萌え萌え♪
   怒りの矛先は⇒人気ブログランキング


毎日10万円のチャンス!「ボス」の指令メールをヒントに犯人を当てろ!
ケータイで当てる犯人捜しゲーム


萌え萌え彼女をゲットしろ!
まじめなコミュニティサイト


広告メールのカウントダウンでピッタリ数値が合えば賞金獲得!今ならPSPや現金5万円が当たる!
高額懸賞サイト!!カウントダウンゼロ
 
posted by キャスター俺 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ニッポンは萌えているか?
Excerpt: 「「萌え」市場:書籍や映像、ゲームで規模888億円に」(毎日)
Weblog: ぼすのできごと@WebryBlog
Tracked: 2005-04-12 14:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。