2005年03月28日

一ヶ月間うんこを数えた学者たち

こんばんは、なんだかトイレの近いキャスター俺です。

久々にね、面白いニュースが届きましたので、冒頭を飛ばして早速ニュースです。



虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」

 古墳の横穴式石室を中心に各地の遺跡で出土し、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願う儀式に、米の代用品として使われたと推測されてきた謎の土粒が、実はカブトムシかコガネムシの幼虫のフンだったことが28日、奈良県桜井市教委の調査でわかった。

 “遺物”として、詳細な分析を続けてきた考古学者らを驚かせたり、苦笑させたりしている。

 桜井市教委が6年前、同市倉橋のカタハラ1号墳(6世紀中ごろ)を発掘したところ、米に似た硬い土粒が横穴式石室の床面から大量に出土。1か月がかりで1949粒を数え、3〜8ミリの3種類の大きさに分類できることもわかった。

 ところが、他の研究者から「虫のフンに似ている」との指摘があり、同県橿原市昆虫館に鑑定を依頼。形や3種類の大きさなどが、2回脱皮して成長するコガネムシ科の幼虫のフンと一致することが判明した。石室は盗掘を受けるなどして開口しており、中に入り込んで、腐葉土などをえさにし、未消化の土が排せつされたらしい。
 同様の土粒は、約20年前から、遺跡で出土することが知られ、「米粒状土製品」「擬似米(ぎじまい)」と命名され、儀式の際にまいたと解釈されてきた。今回の成果で、これまで出土した「擬似米」の見直しも迫られそうだ。

 桜井市教委文化財課の橋本輝彦主任は「まさか昆虫のフンだったとは。これほど詳細なカブトムシのフンの研究は世界的にも例がないそうで、別の意味で貴重な学術データになってしまった」と複雑な表情を見せている。


いいですね、米とフンの区別も付かない学者。古代の研究をしていたつもりが、フンを数えてたんですからね。

一ヶ月間、うんこを数え続けた学者として、ギネス申請してもらいたいですね。せっかく数えたんですからね。

しかもうんこの大きさを3種類に分類!最高じゃないですか。うんこの仕分けです。うんこに擬似米なんて名前付けて研究してたんですからね。いやー、この研究、私も係わりたかったな。

しかし、学者ってのは自分の範囲外はまったく無知なんですね。
でもまあ、金運が上がりそうで、良いんじゃないですか?なにせコガネムシの運を掴んでたんですから。

フン

間違うか?これと…。

(参考:ミクロの世界・静岡県総合教育センター 理科研修課)
http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/science/denken/p10/1_00.html



「すごメロ取り放題」は超高音質ロングメロディ(一万曲以上)や歌詞が取り放題でダウンロードできる携帯着メロサイトです。無料10曲プレゼントキャンペーンも実施中です。無料ならひとつ、どうですか?
着メロ10曲プレゼント!!



こんなに種類があるのかと思う品揃えは必見!見るだけでも楽しいですよ。
顧客満足が第一、プライバシー保護に配慮し、女性の方にも安心してご利用いただけるサイトです。
condom.jpコンドームドットジェーピーは、まじめなコンドーム専門店。


阪神ファン必見!我らが兄貴、金本選手も飲んでいるというサプリメント。話題のコエンザイムQ10を筆頭に7種類の天然成分で作られたサプリを是非お試しください。
〜阪神・金本選手愛飲のサプリメント〜テーマは「若さを保つために」
 
posted by キャスター俺 at 19:59 | Comment(2) | TrackBack(6) | サイエンス
この記事へのコメント
本題と関係ないですが、桜日誌改め桜日和と改名することにいたしました。
これからもご愛読よろしくお願いします。

さて、いかにも俺ニュース的な事件を手土産としておいておきますね。
http://acoyo.exblog.jp/m2005-03-01/#2377780
Posted by 佐倉純 at 2005年03月29日 12:16
佐倉さん、こんばんは。
リンク変えておきました〜。
ニュースありがとうございました。
Posted by キャスター俺 at 2005年03月29日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フーン、フン、フン
Excerpt: 約20年前から遺跡で出土することが知られ、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願う儀式に、米の代用品として使われたと推測されて・・・「米粒状土製品」「擬似米(ぎじまい)」という立派な名前が命名されていた..
Weblog: Mizuirolifesize Blog
Tracked: 2005-03-28 21:30

遺物、実は虫のフン
Excerpt: 虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」 (読売新聞) - goo ニュース 1500年ほど前の虫のフンを古代人の人工物(米粒に擬したもの)と間違うなんて。 ドラえもんが年寄りの考古学者..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。
Tracked: 2005-03-28 22:48

虫のフン
Excerpt: 虫のフンだった!…古墳石室の土粒、学者ら「まさか」 ・・・だそうで(苦笑) 石室内にあったことで、先入観で「副葬品」だと思ってしまっていたんだろうなぁ。 先年の偽装事件みたいなのは論外ですが、 ..
Weblog: Siteうま。別館。
Tracked: 2005-03-28 23:08

古墳から出土した謎の土粒の正体
Excerpt: 儀式の際にまいたと解釈していた擬似米が実は虫のフンとは。 なんか笑える。トリビアにネタとして送れるかもね。 GoogleNews 古墳石室から出土の謎の土粒、実はカブトムシのフン 読売新聞..
Weblog: As mind is suitable...
Tracked: 2005-03-29 00:24

世紀の「大」発見!
Excerpt: 奈良県で見つかった古墳石室の土粒・・・・ それは儀式の時に使う米の代用品と考えら
Weblog: 生きてく日
Tracked: 2005-03-29 04:22

フーン、フン、フン
Excerpt: 約20年前から遺跡で出土することが知られ、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願う儀式に、米の代用品として使われたと推測されて・・・「米粒状土製品」「擬似米(ぎじまい)」という立派な名前が命名されていた..
Weblog: Mizuirolifesize Blog
Tracked: 2005-03-29 19:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。