2005年03月25日

2本足で歩くタコ!

皆様こんにちは、キャスター俺でございます。

お昼は焼肉タマネギ定食でした。胃が、「からい!」と言っています。と言うわけでニュースです。


<メジロダコ>2足歩行を撮影 米カリフォルニア大のチーム

 タコが2本の足で器用に「歩く」様子を、カリフォルニア大バークリー校などのチームが撮影し、25日付の米科学誌「サイエンス」に報告した。2本足歩行は、筋肉が骨を支えている動物だけができると考えられているが、チームは「運動学的にみて歩行と呼んでもいい」と分析している。
 確認できたのは、インドネシアからアジアにかけて分布するメジロダコ(胴長約8センチ)と、西太平洋の「藻タコ」(同6センチ)。タコを研究する大学院生のクリスティーヌ・ハファードさんらは、インドネシアとオーストラリアの海中にカメラを設置し行動を観察した。
 メジロダコは、8本のうち2本の足を規則的に交互に動かし、後ろ向きに移動していた。はうように進む通常の移動よりわずかに速く、残る6本は胴体に巻きつけていた。このタコはサンゴ礁などの砂地に生息し、ココナツの殻を巣にすることから「ココナツタコ」とも呼ばれる。ハファードさんは「海底を転がるココナツの殻に見せかけることで、捕食者にさとられないよう速く移動できる」と推測した。
 藻タコも2本の足で歩きながら、6本を藻のように頭上に広げていた。
 奥谷喬司・東京水産大(現・東京海洋大)名誉教授(軟体動物学)は「環境に合わせて自在に体の色や形を変える擬態の一種だろう。タコは8本の足を、生殖や触角など目的別に使い分けているが、2本の足で歩く様子は見たことがない。非常にユニークだ」と話している。



タコですが、普通に2本足で走りますよ?知りませんでしたか?


ほらね。


横山ノック

二足歩行するタコを捕獲!
エロいですが…。


パソコンでテレビ電話月500円で登場。動画の送信や、そのほか色々遊べちゃう!
パソコンでテレビ電話ドットフォンパーソナルV


 
さて、こちらは無料でできるゲームのお知らせ。 W杯アジア最終予選「イラン×日本」の結果は?/ 始球式で投げる上戸彩のボールを新庄は打てるか?などの予想をして、ポイントゲット。これしかも、現金にできるのね?いいのかよ…。
今なら無料登録で豪華賞品のチャンス!お得エンタメサイト、「予想ネット」!



血がサラサラになる!血糖値が正常になる!お肌ツルツル!
良質黒酢もろみのアミノ酸パワーで家族の心と体を健康に。サンプルももらえるよ。
▼黒酢屋本舗▲  
 
posted by キャスター俺 at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

宇宙人現る!
Excerpt: とうとう、地球外生命体の登場だ! 宇宙人が珍しくない時代も目の前だね! さて、
Weblog: Xブログ(えっくすぶろぐ)
Tracked: 2005-03-25 19:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。