2005年03月23日

スペイン牛追い祭りは動物虐待?裸で抗議!

こんにちは、コーヒーがブラックだと飲めないキャスター俺です。いやね、切らしたよ。クリープを。

さて、牛肉問題が日米で起きている中、忘れてはいけない牛の国スペインでこんなニュースです。



伝統の牛追い祭にヌードで抗議=スペイン・パンプローナで計画

毎年恒例の7月のスペイン・パンプローナの牛追い祭に今年は強力な競争相手が出現する見通しになった。動物虐待に反対する団体が裸で街路を走るヌード・ランニングを計画しているからだ。この団体は「動物の倫理的扱いを求める人たち」(PETA)で、パンプローナ市当局に対し、牛追いをやめてヌード・ランニングを市の公式行事にするようにさえ要請している。(写真は昨年、牛追い祭に反対してデモを展開したPETAの活動家たち)

 牛追い祭りは正式にはサン・フェルミン祭と呼ばれる数世紀前からの行事で、7月6日から9日間にわたって行われる。観光客を含む群衆が牛の群とともに狭い路地を走る。昨年は16人が牛の角に突かれて負傷した。死者が出ることもある危険なイベントとして知られる。1911年に記録が取られ始めて以来14人が死亡、牛もたくさん死んでいる。

 パンプローナ市長スポークスマンはPETAからの要請には論評せず、牛追い祭は予定通り実施すると語った。

 PETAは昨年の牛追い祭では、作り物の角をつけサンダルをはいただけの裸の活動家数人を出動させ、抗議を行った。〔AFP=時事〕


牛追い祭りですね、これ危険です。

映像なんかを見ると、「牛追われ祭り」になっている感じが非常にするのですが、これを動物虐待だと主張しているようです。彼らは、牛肉食べられませんね。私は牛肉食べたいですよ。ステーキ大好きです。

しかも彼らの理屈、「牛追いを止めて、ヌード・ランニングを市の公式行事にするように」。うん、ちょっと意味が分かりませんね。ただお前らが脱ぎたいだけかよ…って感じです。牛を追う(追われる)代わりに、裸で走らせろと。うん、なんでしょうか。屁理屈にすらなっていないところが情熱の国スペインですね。

ヌードランニングなら、日本代表はこの人しかいないでしょう。井出らっきょ

100mを10秒89で走る日本が誇るヌーディスト。
井出らっきょ。


★広告リンク------------------------------------------------------------

さすがに牛じゃないけど、ペットを飼っているというあなた。ペットグッズがなんと2000点以上という大規模なペットショップがオープンしました。ペットはこれからという方も参考にしてみてはいかが?
ペットもオシャレにコーディネート



話題も話題なので、ちょっとだけアダルトな広告を…。

いやいや、アダルトグッズだけじゃないですよ。
体臭予防や黒ずみ防止など多くのラブコスメティックの通販サイトです。
⇒ラブグッズの詳細・購入はこちら



最後はちょっと大人な話題。コンドームを正しく使う、まじめなコンドーム専門店。
こんなに種類があるのかと思う品揃えは必見!見るだけでも楽しいですよ。
顧客満足が第一、プライバシー保護に配慮し、女性の方にも安心してご利用いただけるサイトです。
condom.jpコンドームドットジェーピーは、まじめなコンドーム専門店。
 
posted by キャスター俺 at 12:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
牛のヌードのほかに人間のヌードも見ることができる。目玉が2つもあれば観光客倍増だーね。
Posted by のびぃ太 at 2005年03月24日 23:05
のびぃ太さん、コメントありがとうございます。
あんまり男のヌードは見たくないですが、まあ物珍しさで見てみたいですね。裸走り祭り。
Posted by キャスター俺 at 2005年03月24日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2557703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。