2005年09月03日

プロ野球で誤審発生!こんな審判は心配だ。

こんにちは。キャスター俺です。
野球というのは審判が絶対なんですね。審判がアウトって言ったらアウトなんです。どう見てもセーフでも、アウトって言ったらアウトなんですね。
二出川延明さんという審判の方がいらっしゃいまして、この方、明らかに誤審をしたんですが、抗議されたときに「俺がルールブックだ!」と一喝したというエピソードなんかあります。そのくらい審判は自分の判定を覆したらダメなんです。


球審がカウント間違い=横浜−阪神戦で珍事−プロ野球

 3日、札幌ドームで行われた横浜−阪神19回戦で、上本球審がボールカウントを間違える「珍事」があった。3回二死走者なし、横浜・佐伯の打席で、安藤がボールカウント2−3から投げた球は「ボール」の判定。本来ならこの時点で四球で、佐伯も一塁へ歩きかけたが、球審が呼び戻して試合を続行した。佐伯は次の球を打って左前安打とした。この間、横浜側から抗議はなかった。
 上本球審は試合後、自分の誤りを認め、「気がつかなかった。ミスとしか言いようがない」と話した。横浜の田代打撃コーチは、「四球だとは思ったが、佐伯が戻ったので自分の勘違いかと思った。(四球だと)声を出さなかったことは恥ずかしい」。記録上は「カウント2−4からの左前安打」となる。 



まあ、結果的にタイガースが勝ったので良いですし、佐伯も打率が結果的に上がったわけですし、安藤も四球より良いでしょうし、二塁打とかなら怒るけど、シングルじゃ結果一緒ですからね。良かったですね。

「ミスとしか言いようがない」とか認めちゃダメですね。そこで「俺がルールブックだ!」といえる審判であって欲しいです。

しかし、審判ってのは大変ですね。文句しか言われないですからね。0かマイナスかの判定です。パーフェクトに仕事をこなして当たり前。パーフェクトにこなしたところで褒められもしないわけで、誤審すれば文句言われるし、大変ですね。それでいてそんなに給料もらってるわけじゃないんですよね。

いつも文句しか言わないキャスター俺ですが、審判のみなさん、ご苦労様です。もう少し阪神有利な判定をしてくださいまし。


あなたの「大人力」をチェック


ネタ行きます。

こんな審判は心配だ。
 
posted by キャスター俺 at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(2) | 地域

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。