2005年08月24日

オタク文化は市民権を得た?

こんにちは、キャスター俺です。
電車男のヒットで「オタク」が市民権を得てきました。しかしまだまだオタク個人が認められるのは先になるのでしょうか?
対象的な二つのニュースです。


ヲタク割引を設定 藤沢の映画館

「ヲタク1枚」映画館の窓口でこう告げると、入場料が割引になるサービスが話題を呼んでいる。藤沢市のJR藤沢駅北口、遊行通りにある個人経営の映画館「フジサワ中央」は、公開中の映画「電車男」にヲタク割引料金を設定、入場券を買う際、「ヲタク」と自己申告すると、入場料が1300円となる。

オタク「きもい」の表現で企業謝罪


ホットドックチェーンの「ネイサンズフランチャイジーオブジャパン」のアルバイトが自分のブログで、コミックマーケットの様子を「きもい」などと表現したとして、ネット界に騒動が起きている。同社はホームページで「きわめて遺憾である」と謝罪した。



あれです。二つのニュースを合併したら良いんですね。藤沢のこの映画館で、ネイサンズのホットドックを売りましょう。もちろん「ヲタク割引」で販売です。
そして「キモイ」と言われたらさらに半額キャンペーンを実施します。店員からキモイと言われたら半額ですから、当然客はキモイと言われる方が得です。キモイと言われて喜ぶんですね。
ほら、解決。俺、頭いいですね。

…なんて丸く収まればいいんですが、続に「オタク」と呼ばれる人たちって、すごくプライドが高かったりするんですね。権利問題とか何かに付けて言いそうですし…。


あるギャルのコラム(なんか起業した子)で、「私も好きなことしかやらないからオタクなんだ」みたいなことを言ってました。

彼女は彼女の視点でオタクを受け入れているんです。そして自らも「オタク」であるといい、「ゲームを教えてもらえるからオタクが好きだ」とも言っています。

偉いなぁと思います。こういう考え、自分にない価値観の中で、どの部分が共有できるのが見つけられる能力って、すごく大事だと思うんですね。

話を戻しましょう。今回、このホットドッグ屋のバイト。コミケでバイトしたら、うじゃうじゃオタクどもがいてキモかったんでしょうが、それはそれで楽しかったのでは?と思いますよ。だから面白おかしくブログのネタにした。なんなら携帯で写真撮ったかもしれませんね。オタクの。

コミケがどんな感じか知りませんが、多分キモイんでしょう。独特の雰囲気なんでしょう。いいんです、キモくて。オタクだって自分がオシャレじゃないことくらいわかってるんです。でもキモくても目はすごく輝いてるのかもしれませんね。好きな事を楽しんでやりゃいいんです。

はい、文章にまとまりないですね。オタク書いてるんだか、ギャル書いてるんだかわかんなくなりました。おしまい。

じゃあ、ネタ行きます。



こんな奴はオタクになれない

・100mを10秒台で走る

・建築現場の監督である

・高級ホテルに勤めている

・多趣味だ

・ビデオが使えない

・パソコンに触るのを極端に怖がる

・「コミケ」をココナッツ・ミルク・ケーキの略だと思っていた

・パソコンだとエッチなゲームができることを、ついこの間知った

・テトリスができない

・「萌え」より「熟れ」の方が好きである
 
posted by キャスター俺 at 16:04 | Comment(2) | TrackBack(1) | 社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。