2005年06月27日

PRIDEミドル級GP2回戦 桜庭和志とプライドのルール

こんにちは、キャスター俺です。
もうね、忙しいです。更新できません。ごめんなさい。
でも、一日100人くらいの人が検索エンジンから騙されてうちに来るので、更新してみようと思います。


<PRIDEミドル級GP2回戦>◇26日◇さいたまスーパーアリーナ◇45102人
 PRIDEの象徴、桜庭和志(35=高田道場)が格闘家人生の危機を迎えた。ミドル級GP2回戦でヒカルド・アローナ(26=ブラジル)に顔面を破壊されての2回終了TKO負けで、病院送りにされた。今回は体調万全で本人も絶好調宣言していただけに、ショックは大きい。中村和裕(26=吉田道場)もシウバに敗れ、00年の第1回GP(無差別級)以来4度目の開催で初めて、日本人のいない決勝大会を迎える。
 コーナーに座り込んだ桜庭の顔は血に染まり、直視するのが痛々しいほど両目が腫れ上がっていた。戦う気持ちは残っていたが、2回終了後にドクターが試合を止めた。頭脳的な戦いとひらめきによるトリッキーな動きでグレイシー一族ら世界の柔術家をほんろうした姿は、もうなかった。寝技世界一と呼ばれる相手に、打撃で完敗した。



俺は思うんです。プライドがつまらなくなった。

殴れば勝ち、膝で頭を蹴れば勝ち。テクニックはその体勢になれるかどうか。相手のタックルを切った時点で勝ちになる。タックルに行きにくいから、打撃中心になる。寝技の攻防など、打撃に行くまでのつなぎでしかない。

グラウンドでの膝が認められてから、桜庭に元気がないんだね。桜庭に勝たせろって言ってるんじゃないんだけど、グラウンドでの膝は(体重差関係なく)禁止にすればいいと思うんだけど、どうですか?

もっとタップアウトでの決着が見たいですよ(´・ω・`)


久しぶりに考えました。


登録でiPod shuffle(1G!)が当たる!
インターネット不動産オークション


こんな格闘技はイヤだ。
 
posted by キャスター俺 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2005年06月16日

しっぽ付きタマゴの行方…

ご無沙汰しております。キャスター俺です。
気になっていたこのニュース。意外な決着が付いた模様です。


雑記帳 “しっぽ付き卵”の問い合わせにチラシ作製

 ◇茨城県総和町の茶園経営者、吉田正之さん(62)方の鶏が産んだ“しっぽ付き卵”のチラシ約100枚ができ、近所の子供たちに配られている。毎日新聞で5月に紹介後、問い合わせが相次いだため。
 ◇卵2個中1個は取り上げたテレビ番組で割られ、残る1個はみんなが触るうちにしっぽが取れ、吉田さんが「もったいない」と割って食べた。
 ◇チラシには「ひよこになるとこうなります ほんとうかな?」と頭にしっぽが付いたヒヨコのイラスト。吉田さんは「卵は育てられなかったが、子供たちの夢は育てたい」。

↓チラシ
tamago.jpg




まず感想。


食ったのかよ!



って、大事に育てるって話はどこ行ったんだよ…。
「卵は育てられなかったが、子供たちの夢は育てたい」って、吉田!
あんたのタマゴなのはわかってるけど、食っちゃったんじゃねぇかヽ(`Д´)ノ


それ以前に、割ったテレビ局はどこだ!許さんぞ!ったく。



 
posted by キャスター俺 at 12:15 | Comment(1) | TrackBack(2) | 社会

2005年06月01日

「ガチャガチャ」がアメリカに

こんちわ。全然更新していません。キャスター俺です。

トラックバックにおける記事にちょっと反省しておりまして。トラックバック先のリンクを付けるようにしているのですが、なかなかいろいろ難しいですね。ちょっとブログを続ける自信を失ってまいりました。

しかし、ネタとこの件は一切関係ありません。今日もネタにいきましょう。


<ガシャポン>米国でも販売へ 1個1ドル

 バンダイは30日、9月末に経営統合するナムコと共同で、カプセル入り玩具として日本でも人気がある「ガシャポン」を米国で販売することを明らかにした。バンダイは、ガシャポンの国内シェア7割を占めるが、米国には「保守管理面で不安があった」として進出できなかった。しかし、経営統合でナムコの米国内アミューズメント施設が活用できるので、販売を決めた。
 バンダイは「値段の割に精巧なつくりのガシャポンならば、米国でもきっと受け入れられる」(高須武男社長)と、これまでも米国進出を狙ってきた。しかし、現地に有力な卸業者がいないため代金回収に不安があったり、場所によっては屋外に設置すると破壊されるなどの懸念があり実現しなかった。
 米国でも人気のある戦隊シリーズ「パワーレンジャー(日本名デカレンジャー)」や、「ハローキティ」などの小物を1個1ドル(約107円)で販売する。




アメリカにはガチャガチャないんだね。あ、俺らが子供の頃って「ガチャガチャ」って言ってたと思うんだけど…。ほら、雑貨屋なんかに、ガムの自販機置いてあるじゃないですか。あのイメージから、日本のガチャガチャが生まれたものだと思っていたので。

昔、20円のガチャガチャがいつも通った小さな商店にあったんですね。赤いやつです。すげー汚いの。
で、カメラが当たる!とか貼ってあって。確かに中を覗くとピンクの紙があって、「あたり風」なんですね。
カメラなんか当たってもしょうがないのに、20円掛けてしまって、中からくだらない「ニセウルトラマン」の消しゴム風の人形が出てくるんです。

いわば、「ゴミ」なんです。しかもものすごくくだらない。おそらく原価は1円もしないんでしょうね。下手したら、カプセルの方が高そうです。親からお金は大切にしろと教育されていたので、すごく胸が痛みます。そんな人形を机の中にそっとしまい、「もう買うものか・・・」と後悔した覚えがあります。

でも、いまのガチャガチャってこういうゴミはないんですよね。コレクション目的なので…。


以上、「ガシャポン」などと、言いたくない世代のキャスター俺でした。

こんなのあったなぁ…。
コスモス


ガチャガチャ、これが出たらハズレ。
 
posted by キャスター俺 at 18:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | 海外

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。