2005年04月17日

鳥取大「大学生活早く慣れて」 新入生に朝食 無料サービス

鳥取大「大学生活早く慣れて」 新入生に朝食 無料サービス

 「無料の朝食を新入生で一緒に食べて、早く大学生活に慣れてください」−。鳥取大学は十一日から十五日まで、生協の食堂で新入学の一年生に無料で朝食を提供、約千五百人の新入生のうち三割が利用した。
 同大は県外出身の学生が八割を超え、一人暮らしの割合が高い。慣れない土地に引っ越し、生活が不規則になり、体調を崩す生徒もいるという。
 朝食のメニューは、卵焼きやシューマイ、サケなど六品から二品を選択。ごはんとみそ汁かパンとスープの組み合わせのいずれかを選ぶ。費用は各学部後援会と生協が負担する。
 広島県出身で地域学部の藤井まゆらさん(18)は「とてもおいしい。ただで食べることができ、朝から友達に会えるのがいい」と歓迎。長崎県出身で医学部の大賀冬樹さん(19)は「先生が一緒に食事をしながら勉強のアドバイスをしてくれた」と話す。
 新入生に対する同大の朝食無料提供は昨年度に続き二回目。昨年度は「一時間目の授業から出席してもらおう」と、四月の一カ月間実施し、ほぼ半数が毎日利用した。しかし、有料になったとたん、利用者は激減した。
 今年度は学校に慣れてもらうことを目的に、一週間限定にした。同大の山田三千夫生活支援課長は「一時間目の授業のあるなしにかかわらず、学生が朝食を利用してくれた」と話す。大学生にとっては、「春眠」もただ飯には勝てないようだ。



朝食出してくれるって、大学生には嬉しいね。特に一人暮らしだと嬉しいんじゃないかな。無料はともかく、学食で食えるって、友達になったばかりの奴と食えたりするからね。

それにしても大学は人気取りに必死だね。

こんな大学は困る
 
posted by キャスター俺 at 02:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 地域

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。