2005年04月11日

888億円の経済効果! 萌え文化を追え

はぁい♪こんにちはぁ〜(はあと)萌えキャラのキャスター俺でぇす。

うん、気持ち悪いか。そうか。

あの「萌え」って良く聞きますね。そんな「萌え」文化、すごい経済効果をあげているようです。



「萌え」市場 書籍や映像、ゲームで規模888億円に

 アニメなどの登場人物の性格で、愛らしい「萌(も)え」という感情を意識した書籍や映像、ゲームの市場規模が、03年で888億円に上ることが浜銀総合研究所(横浜市)の調査で分かった。バターやステレオコンポの出荷額と並ぶ規模で、同研究所は「近年大きく膨らんだ市場。無視できないジャンルとして確立している」と分析している。
 「萌え」は芽生えを意味する「萌える」が語源で、読者が特定の登場人物に愛情を覚えることをいう。アニメなどに強いこだわりを持つ「おたく層」から派生した。ストーリーよりも登場人物の容姿や性格の描写が重視されるのが特徴だ。
 浜銀総研は、萌え市場を書籍・映像・ゲームの3分野に分け、書籍は関連するコミックの販売額から273億円、映像は関連アニメビデオソフトの販売額から155億円、ゲームは恋愛シミュレーションゲームの販売額から460億円と推計。おたく層全体のゲームなどの市場規模は約2900億円との推計値もあり、単純比較で3割が「萌え関連」とみられる。
 信濃伸一研究員は「作品を供給する側も、少子化で子供向けのメガヒットが狙えなくなった」と成人向け萌え作品が増える傾向にあると分析する。経済評論家の森永卓郎さんは「可愛らしいという感情を表現した媒体は欧米にはなく、この市場は国際競争力も備えている。市場を支える30代男性には未婚者が増えており、人間とは別のパートナーを求める心理があるのかもしれない」と話している。


そもそも「萌え」とは何かと。なんだろうな、萌えは萌えなんだろうな。
しかし888億ってちょっとフィーバーですな。アニメだけでなくゲームも含め、萌え文化と。バカにできないわな。この経済効果。


ちょっとYahooの新語辞典より引用しますね。

「萌え」はもともとはアニメやゲームなどの美少女キャラクターに対するオタクたちの愛情表現のことばだったが、現在では文化現象となっていると、経済アナリストの森永卓郎が指摘している。「萌え」は、世間と切り離された空間で自己規制した恋愛感情をもつことと解されるようになり、だれも傷つけず、だれからも傷つけられない状況を彼らはつくりだしている。たとえば、メイドカフェでメイドのコスプレをした店員とおしゃべりをしたり、フィギュアとよばれる美少女のキャラクター人形を集めたり、パソコンで恋愛シミュレーションゲームを楽しんだりしているが、それが他人に迷惑をかけるわけではないし、彼らは決して自らの領域からはみ出そうともしない。この「萌え」が一つの文化として認知されるようになってきた。現代美術作家の村上隆が作成するフィギュアのミニチュアは食玩として発売されているが、フィギュアそのものは芸術作品としてクリスティーズのオークションで高値で落札されている。



あのね、会社の人に秋葉原のチラシを見せてもらったら、すごかったよ。大人とも子供ともわからん、女の子の絵。まさにこの「萌え」なんだろうね。まあ、俺は否定はしないよ。15年くらい前は俺もそういったゲームしてたし。

で、萌えって実際の女の子じゃなくて、絵とかフィギュアだけだと思ってたんだけど、ここにあるように、「メイドカフェでメイドのコスプレをした店員」も「萌え」なんだな。実際の人間に対しても、「萌え」るんだね。まだ健康的だ。まあ、小倉優子のモーニングショットのあれでしょ?メイドさんて。

まあ、「萌え」だわ。なるほど。ちょっといかがわしい雰囲気もあるけどね。これMEGUMIとかが着たら、ホントにいかがわしいんだろうけど、小倉優子なら「萌え」だわな。

こういう文化で888億か。世に言う「オタク」だけで888億なんだから、一般人が「萌え」だしたらどうなってしまうんだろうね。日本全国にメイド喫茶が溢れ、そこらじゅうにフィギュアが飾られ、雑誌の表紙はみんな、耳付いた女の子だ。どうするよ…。



考えました。
メイド喫茶のメイドさん、これは萌えない
 
posted by キャスター俺 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会

携帯プレーヤー iPodに対抗、国内メーカー参入相次ぐ

こんにちは。iPodユーザーのキャスター俺です。iPod非常に便利です。車のなかでトランスミッタを付けて、FMで聞いているのですが、音にはこだわらないので、全然聞けるし、車の純正のCDプレイヤーも壊れているので非常に便利です。

さて他の追随を許さなかったiPodですが、ここへ来て日本のメーカーによる参入が開始されました。


携帯プレーヤー iPodに対抗、国内メーカー参入相次ぐ

 
 米アップルコンピュータの「iPod」の独走が続く携帯デジタル音楽プレーヤーで、国内メーカーの巻き返しの動きが本格化してきた。ソニーなどが新製品攻勢をかけるほか、新規参入の動きも相次ぐ。05年度も市場拡大は続く見通しで、各社は今年を「競争が本格化する勝負の年」(大手電機メーカー)と位置付け、販売を強化する。
 HDD(ハードディスク駆動装置)やフラッシュメモリーを内蔵したデジタル音楽プレーヤーで有名なのは01年発売のiPodシリーズ。04年に価格が安い「iPod mini」が発売されると、わかりやすい操作性とデザイン性が受け、若者を中心に人気が爆発した。
 家電量販店の石丸電気(東京都千代田区)の3月の売り上げベスト10には、iPod5機種が並ぶ。韓国メーカーのiRiverも2機種が入った。調査会社のBCN総研によると、アップルは市場シェアの4割近くを占め、“独り勝ち”だ。
 「ウォークマン」で「外出先で音楽を聴く」というスタイルを普及させたソニーは、99年に同プレーヤーを発売した。しかし、一般的な音楽ファイルの圧縮技術「MP3」に対応せず、独自の圧縮技術にこだわり、MP3対応で利便性に勝るiPodにあっという間に水をあけられた。
 「ウォークマンはソニーの魂。必ず巻き返す」(中鉢良治次期社長)との号令のもと、iPodの1万曲より多い1万3000曲の記録が可能な「ネットワークウォークマン」の新型機などを開発。今月21日に発売して反撃に打って出る。
 メーカーの推計では04年度の国内販売は100万〜150万台。05年度は200万台との予想もあり、新製品ラッシュが起きている。東芝は、デジタルカメラで撮影した画像の表示機能も付いたHDD型の「ギガビート」の新機種を今月上旬に発売。松下もオーディオと相性の良いSDカードを使った「D−スナップ」の新機種を8日に発売する。ケンウッドは2月、シャープは4月から新規参入し、持ち味を生かした戦略でシェアの奪取を狙う。



まだiPodなどない頃のおはなし…

MP3プレイヤーって韓国製がほとんどだったんで、日本は遅れてるなぁ。と。

でも、
「へぇ、こんなのでMP3聞けるんだ。いいなぁ」
などとパソコンショップで思っていました。


キャスター俺が最初に購入したのはRioのCDで聞けるMP3プレイヤーでした。CD-RにMP3を入れると、プレイヤーで聞けます。これ、電車通勤だった私にすごく重宝しました。

しかし!CD1枚に入る曲は決められているし、何よりCDなので電池を食う。しかもCDサイズなのででかい。

そんな時、パソコンショップで見つけました。iPodでした。
当時Mac で動くタイプの物しかなく、Windowsはアップル社ではない他のメーカーがだしたケーブルで変換するしかなかったのです。

ところが、ついにアップル社はWindows用のiPodを(正確にはWindowsに対応した)iPodを発表します。
欲しくてしょうがねぇ、と。

かくして、キャスター俺は、iPodユーザーになりました。


そんなiPodですが正直ね、データベースがすぐに壊れたり、曲が探しにくかったりと結構、不便なことも多いんですね。
買い換えるならどれかな…などと、各メーカーの比較をしてみました。


ぶっちゃけ宣伝さ。ああ、宣伝だよ。
 
posted by キャスター俺 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

1000万超馬券!公営競技史上の最高額

ちょっと嫌なニュースのあとなので、明るいニュースをひとつ。

みなさんは競馬スキですか?私は一度も競馬はしたことがありません。大きなレースあるじゃないですか、年に何度か。あれの優勝した馬の名前すらわかりません。しかし、こんなニュースを見るとちょっとやりたくなりますね。


1000万超馬券が飛び出す 公営競技史上の最高額


 福島競馬場で行われたレースの公営競技史上最高となる1014万9930円の配当を示す中山競馬場のターフビジョン=9日、千葉県船橋市


 9日に福島市の福島競馬場で行われた日本中央競馬会(JRA)、福島競馬第9レースの3連勝単式(3連単)で、競輪、競艇などを含めた国内の公営競技史上最高となる1014万9930円の高額配当を記録した。
 これまでの最高配当は、2002年8月に大井競馬の3連単で記録された975万2820円で、今回史上初めて1000万円を超す配当となった。JRAの最高は、今年1月に小倉競馬で出た3連単の405万530円だった。
 ダートの1700メートルで14頭が争ったレースは、1着に単勝12番人気のエストレーア、2着に同10番人気のボスポラス、3着に同9番人気のフューチャギャングが入る大波乱となり、3連単「(12)−(5)−(4)」は、2184通り中2136番人気で、的中したのは9票(1票100円)だけだった。



ゲームセンターの競馬ゲームで、大穴しか賭けなくて、すぐにコインがなくなる「俺」としては、競馬場に実際にいったらビビって大穴になんか賭けられないだろうなぁと。

でも賭けてる人いるんだよね。100円が1000万て…。新手の詐欺みたいな結果ですな。ダメもとで賭けてるんだろうけど、ダメもとで1000万もらっちゃったらどうしようね。税金でいくら持って行かれるのかわかんないけど、どうやって受け取るのよ。これ。
現金でくれるのか、それとも振り込まれるのか…。こわいなぁ、なんか。

宝くじとかでも「億」なんか当たったらとっとと使っちゃった方がいいね。あれ来るんでしょ?やれ、寄付してくれとか、やれ、これ買ってくれとか…。それこそ個人情報を保護してもらいたいもんだけどね。

でも、競馬ってこんな風に当たっちゃうから、止められなくなっちゃうんだろうね。パチンコとか絶対ないじゃない、何百万も当たるなんて。

しかし、馬が走ってる風景を見るだけでも一度は競馬場に行ってみたいですわ。

こんな馬には賭けるな
 
posted by キャスター俺 at 02:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。