2005年03月04日

京都市 景観台無し落書き急増。有効策なく消去困難シールも

 京都市内の道路関連施設への落書きやシールを張るいたずらが、鴨川にかかる橋を中心に急増している。今年1月末現在で、前年度の2倍以上にものぼり、昨夏からは消去の難しいシールが増えている。橋を管理する京都市は「観光都市の美観を著しく損ねる大きな問題」としているが、有効な対策がとられていない。(京都新聞)


まあね、落書きまではわかる。あれは犬がおしっこするのと同じ、マーキングなんですな。バカな連中の縄張りだからね。そりゃわかる。だけどね、「シール」はないわ…。なんでシール貼るんだよ。しかもかわいいピンクのサルのシールだわ。なんの主張だよ…。子供だって今時シールぺたぺた貼らないと思うんだが、どうか。
シールは落書きより剥がしにくいんだそうだ。だったらシールが貼れない素材にするとか、シールが貼れないようなものをなんか塗るとかね。そうすればいいのに。

俺、幼稚園の頃。怪物くん(わかるか?)のカレンダー買ってもらって、付録のシールをベットの至る所に貼ってたけどね。ああ、シールなんてのは年寄りが使うんだな。言いなおします。「ステッカー」。いいね。「ステッカーをプレゼント」なんて聞こえは良いけど、「シールをプレゼント」ってやっぱ引くもの。

この犯人も、このニュース見て、「シールなんて貼ってねぇよ。ステッカーだよ」なんて言ってるのかもね。

対策法を考えた
 
posted by キャスター俺 at 18:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 地域

食後の口臭抑える餃子麦酒 群馬・高山村

群馬県高山村の観光施設「ロックハート城」はギョーザに合うだけでなく、食後の口臭も抑えるという「餃子(ぎょうざ)麦酒」(小売り価格330ミリリットルが450円、500ミリリットルが650円)の卸売りを19日から始める。
 生きているビール酵母を使用し、体内で酵母がニンニクのにおい分子を吸着して消化・分解。嫌なにおいが軽減されるという。
 ラベルは女性がギョーザを口にしたレトロ風の絵が描かれ、「餃子にほんまに合うビールやなぁ」とソフトにPRするが、アルコール度数は約4.5%あり、飲み過ぎには注意を。


俺、酒ダメなんですね。それでもと、酒を飲むとヒロシみたいになります。こうなんか悲しくなるというかね。まあぶっちゃけ泣くね。餃子に合うビールで、かつ臭いも消す。ビール好き、餃子好きにはたまらないんでしょうな。俺は、餃子に合うファンタとか開発してもらったほうがいく分うれしいですが…。
ラベルってのがまたね、つっこみどころ満載ですね。まずレトロの意味がわからん、現代でいいじゃん。女性がギョウザを口にした…何フェチをターゲットにしてるんでしょうか。そして最後に、なんで群馬のビールなのに、なんで関西弁でPRしているんだろう…。
まあ、餃子のお供にどうぞ。
餃子に合うビール
 
posted by キャスター俺 at 12:37 | Comment(6) | TrackBack(4) | 地域

特定外来生物、意見募集に10万通 オオクチバスで

 外来生物法で規制する特定外来生物の選定について、環境省が実施した一般の意見募集(パブリックコメント)に、2月3日から2日のしめきりまでの1カ月間に過去最多の約10万1000通が寄せられた。一部、郵送の未回収分があり、数はさらに増えるとみられる。小池環境相は4日の記者会見で「100万通来ると思った。数ではなく、内容を精査したい」と述べた。
 環境省によると、意見の内容は今後1カ月をめどにまとめる予定だが、ほとんどがブラックバスの一種オオクチバスに関するものだという。


これなんかあれですよね、ブラックバスが生態系崩すからみんな殺しちゃえ!ってのね。何をいまさら…って感じがすごくするね。生態系壊しちゃったあとに排除したら、またおかしなことになる気がするよ。今はそれで平和になってるんだとしたら、その生態系を壊すのはいかがなものかと。釣具屋さんとか、釣り船屋さんの生態系も崩れるわ。かわいそうに。
なんかこの規制しようとしたオヤジが、釣りに行ったら全然釣れなかっただけなんじゃねえか?とか思ってしまうニュースですな。
処分されたバス
 
posted by キャスター俺 at 12:18 | Comment(2) | TrackBack(2) | 社会

小さい脳でも賢かった? インドネシアの新種人類

 インドネシア東部フロレス島でほぼ完ぺきな頭蓋骨などの化石が見つかり、新種の小型人類と昨年発表された「ホモフロレシエンシス」について、米ワシントン大などの国際チームが3日、脳の容積は小さくても高度の処理能力を持っていた可能性があるとする論文を、米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。
 コンピューターで脳の三次元構造を再現したところ、側頭葉や前頭葉の形態に賢さにつながる特徴が見つかった。だが、脳は進化とともに大きくなるという人類進化上の常識とは合わないため、論争も予想される。
 約3万8000−1万8000年前いたらしいホモフロレシエンシスの脳の容積は、約400立方センチとチンパンジー並み。しかし化石の近くから、行動面の進化を示す狩り用の石器や焦げた動物の骨などが出土したため「化石は小脳症の現代型ホモサピエンスの亜種では」などの疑問が出ていた。


なんか化石からそんなことわかるのね…。人間の脳だってそんなにたくさん使って無いんでしょ?だったら小さくても効率よく脳が使えれば頭いいんじゃないのかね?なんて素人考えでいい加減に言ってるんだけど、最初フロレス島をプロレス島に読んでしまい、小さな島の真ん中にリングがあって…なんてのを想像してしまった。

プロレス原人
 
posted by キャスター俺 at 10:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | 社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。